ボルダリング完成しました
お客様からの要望で会社での福利厚生施設として、事務所でボルダリング施設を作ってほしいとのご相談があり事務所の壁を利用した施工となりました。

工事内容
既存の壁を利用しての、仮設工事、大工工事、解体工事、内装工事、電気・空調設備工事

施工期間 約2ヶ月
ホールド
手足をかけるものをホールドと呼びます。大きさ、形は無数にあります。専門アスリートの監修により施工設置しました。
マットは広さ形状に合わせ作成
中にはウレタンスポンジを詰め込み、足の挟みこみ事故を防ぐ為、大きなマットを組み合わせることで安全性を確保。
閉じる